家具工房

抜けるような青空の天気のいい休日にちょっと出掛けてきました。
b0066260_17234696.jpg


b0066260_1726054.jpg飯能市にある小さな湖:宮沢湖へ行ってきました。天気はいいけれど気温は低くしかも平日。例のごとくガラガラでした。ただただのんびりと…。

b0066260_17291172.jpgその帰り道。通りの建物の看板が目に入りました。
『ムクの家具工房』
ちょっと興味がわき、引き返してのぞいてみました。

b0066260_1733826.jpg周囲には山のように原木を挽いたものが積まれています。きっと家具になる材料です。それにしても結構な量でした。どんな家具なのか?どれだけの数をつくっているのか?さらに興味がわいてきます。

b0066260_17375273.jpgそのうち、ここの社長さんが現れいろいろな話を聞かせてくれました。
置き家具だけではなく建築と一体の造作家具工事もやっているそうで建築にも詳しく楽しい話になりました。OMソーラーのことも知っていて会員工務店の何社かとも取引があるようです。そして、『職人』としての強い芯を持ったこだわりの仕事をしている熱い人でした!!

b0066260_17451855.jpg家づくりの中ではダイニングテーブルの相談を受けることが多いのでその事を聞くと、
『まず材料は原木で仕入れてきて自分で挽いて天然乾燥させます。7年以上はかけて平衡含水率の17%位まで乾燥させます。そうしないと温湿度変化の大きい室内で安定して使える材料にはなりません。
お勧めの材料はカバ・ナラ・サクラ・カエデなどです。ナラは木目もはっきりしていて男性的な雰囲気を持っているのに対してカエデは女性的なやさしい雰囲気を持っています。座卓などはクリもいいと思います。』



b0066260_1852628.jpg『いずれの家具も100年以上使えることを目指してつくります。だって切り出す材料はどれも100年以上のものばかりだから。中にはもっと長い樹齢の木だって…。』話は尽きません。ちなみにダイニングテーブルは30~40万円でつくることが多いそうです。樹種・スタイル・サイズなど全てオーダーでつくっているとの事でした。ミニチュア模型もつくって確認をしながらつくっているみたいです。

b0066260_18154691.jpg私たちの家づくりの中でもたくさんの木材を使います。構造材の柱などは全て50年生以上のものです。ですから当然、それ以上しっかり永く住み続けることが出来る家を目指しています。家具屋さん同様、そんなことがもっと多くの業界で実現できないとこれからの生活環境は悪くなる一方かも…、などと少し大きなことも考えてみました。

思いもよらない所でとても興味ある楽しい話を聞くことが出来、とても得した気分でした。
帰りに大きな幼虫をもらいました。カブトムシかクワガタムシらしいのですがどっちかは不明…。まだ在庫はあるみたいです。興味ある方はメール下さい。家具工房案内希望


ブログランキングに参加しています。少しランクダウン↓がんばります!!
              人気blogランキング
[PR]
by swimming_monkey | 2005-03-06 22:22 | log
<< 芽が出た!! OMの家って暖かい? >>