築11年のOM修理

昨年、OMソーラーの空気切り替え用のモーターを交換した住まいから連絡がありました。
『小屋裏の機械から変な音がしているんです…』部品の故障だと思われます。。。
b0066260_2254554.jpg

b0066260_2261184.jpg今回、交換の対象になったのは『制御盤』と呼ばれるこちらの機械です。
いくつか型があるので皆さん、同じものが付いているとは限りません。

この機械を外して修理へ出す、ということは出来ません。なぜ?
それは外している間、OMソーラーが機能しなくなってしまうからです。

なのでまずは新品を取り寄せます。そして今付いている制御盤を新品と交換。壊れていると思われる古い制御盤を返品。そしてその内容を確認し、修理が必要な分のご請求を後日、させてもらうという方法で修理交換を行います。

b0066260_2311083.jpg制御盤の交換が終わるときちんと機能しているかを屋根裏でチェックします。
制御盤を操作して
①冬の取り入れ状態、
②夏の排気状態、
③換気モードの状態を作り出します。
それぞれの状態で空気の流れが正常かどうかをチェック。
問題がなければこれで作業は終了。実作業時間は30分程度です。

昨年のモーターの交換にもそんなにたくさんの時間を要することはありません。しっかり状況を確認、把握して準備をしておけばメンテは容易に実施することが出来ます。

作業を終えてお茶を頂きながら昔の写真を見せてもらいました。工事中の写真です。大工さんもみんな若いっ!!懐かしい思い出です。15年、仕事を続けてきて少し自分にも“しわ”が出来たのかな、と感じました。
b0066260_2361012.jpg

Iさん、これからもよろしくお願い致します。

ランキングは35位、今は何位?
ここをクリックして、応援投票お願いしますっ!!



モデルハウスがオープンしますっ!!その時まであと、24日っ!!
[PR]
by swimming_monkey | 2008-11-19 02:38 | 家づくり
<< 冬支度 現場を探検 >>