間口2間半

b0066260_15454632.jpg1月29・30日に練馬区東大泉で見楽会を開催しました。外は寒かったですが多くの方にご来場頂きました。ありがとうございました。
今回の建物は間口2間半。設計に工夫を凝らし正面の外見からは想像できない広がりのある建物になりました。


玄関に入ると奥のほうまでずーっと目が届いていきます。そして北側、一番奥の部屋に入ると表からはまったく見えなかった庭があることに気付きます。
密集した住宅地内でも効果的に開放できる場所を見つけ、周囲との視線などに配慮し開口します。そうすれば気持ちの良い部屋をつくることができます。
b0066260_1547518.jpgb0066260_15472371.jpg


b0066260_16133815.jpg2階に上がると大きなLDKです。南側には大きな開口を設けました。そしてその先に見えるのは道路反対敷地内の大きなイチョウの木です。ここでも隣地のアパート側の視線はカットして景色の良い方向にだけ視線が抜けるように工夫します。


b0066260_16134995.jpg土地探しから計画を考えるとき、敷地延長や変形の土地はつい第一印象で敬遠しがちです。しかしよく近隣を見渡し、そこに工夫を凝らした建物を設計すれば実はとても気持ちいい生活を実現できるかもしれません。
少し割安な土地で快適なんていいと思いませんか?
[PR]
by swimming_monkey | 2005-01-31 17:26 | 見楽会
<< 初詣2 ビールと珪藻土? >>