まちかん

b0066260_1914519.jpg今日もお休みです。
天気もよくぽかぽか、川越の街を散策しました。
すごく近いのですが街の雰囲気に包まれるとプチ旅行気分です。
最近、人がとても多くなったように感じます。
これも朝の連ドラの影響か…?

b0066260_19171764.jpg菓子屋横丁も人人人…。
平日でもいっぱいです。お団子などを食べられた小上がりの店も奥に人を通さなくなったようです。
人が多くなると様子が変わります。
ちょっと興ざめな気分…。

b0066260_19194416.jpgそんななか気になるお店がありました。
たくさんの“刃物”が外から見えます。

天保14年(1843年っ!!黒船来航が1853年)から続く『十一代・町屋勘右衛門』。刃物の専門店です。
包丁からはさみ、ナイフ、鉋、真剣も陳列されています。そのどれもがとても美しく艶めかしく光ります。
b0066260_19204692.jpg


十二代に当たるという青年が刃物について説明をしてくれました。まさに職人。刃物に精通し、強い思いを持っているのが感じられます。思わず話に聞き入ってしまいます。
b0066260_1924306.jpg

大根で試し切りをさせてくれました。実際に切った者の感想は『包丁の重さだけで切れる感じ』とのこと。かつて味わったことのない切れ味みたいです。
b0066260_19313638.jpg


この細くなった刃物、魚屋さんで30年間使い続けられている包丁です。研いでいくうちにどんどん細くなってしまうんです。でも切れ味は抜群。大根が紙のように薄く切れます。使えば使うほど良くなっていくとのこと。
『買い換えるのは最後の手段です。』最近の日本では廃れてしまった考え方にはっ、とさせられました。大事に永く使い続けられるものを作り、使い、無駄にしない。とても素晴らしい考え方ですね。この包丁、近いうちに買いに行きたいと思います。。。
b0066260_19321750.jpg

川越、もう少し散策してみたいと思う街です。でも、なかなかねぇ~~~。

ランキングは下がりっぱなしです…。
ここをクリック、応援よろしくお願いしますっ!!



[PR]
by swimming_monkey | 2009-03-12 19:36 | log
<< もうすぐ見楽会です。 お休みLunch >>